~まあっ こんな所に・・・~

2020年06月15日

私は普段、台所から出た生ごみは、庭に順番に埋めている。

 

今朝、新聞を取ろうとして、郵便受けの下を見ると、なんと!足元に〝 里いも 〟の茎が

伸びていた。里いもを植えたはずはない!

よく見ると、他にも〝 生ごみ 〟を埋めたであろう?ヶ所に、じゃがいもや里いもの芽が出て

大きく伸びていた。

 

今、社会はコロナ~~~で毎日ドキドキして不安な思いで生活しているというのに、植物は

正直で素直で、強くたくましく、ちゃんと〝 生 〟を繋いでいるのですね。

 

確かに、料理の時にじゃがいもや里いもの皮をむいたのを埋めていたものと思う。

思いもよらぬ庭のところどころに、茎が育っている。ともかく、里いもを残すことにした。

秋には収穫できて、食べられるだろうか?

 

皮として捨てられたものが、暖かくなって芽を出し、成長して立派な〝 芋 〟となるのだろう?

献立を想像してわくわくした。

 

 

 

芋1
芋2