~5月5日~

2020年05月05日

いつものウォーキング。毎日自粛自粛と静かな日常に慣れてきたが、

何かを忘れている気がしてならなかった。

 

そうか、今日は子供の日。いつもならあちこちで鯉のぼりが見れたはず。

それが、どこの家にも見当たらない。

私は、家の近くのM保育園で伸び伸び泳ぐ鯉のぼりを見るのが楽しみであった。

 

実は、息子(現在40代)が生まれたとき、狭いながらも庭つきの借家だったが、

鯉のぼりは大きいものを購入して建てた。

それから〇〇年、ある時、押し入れを整理していて、しまい込んでいた鯉のぼりを

見つけた。痛んでもいなかった。

 

その鯉のぼりを思い切って近くのM保育園に寄付を申し出た。

すると保母さんは、「このような物は予算で購入するので大きいものは難しいんです。

大きいのは嬉しいです」と、とても喜んで受け取ってくださり、即、翌日には

我が家の鯉のぼりも他の鯉のぼりと一緒に空高く泳いでいた。

 

それから毎年、五月(さつき)晴れ、空高く泳ぐ鯉のぼりの下で、元気に遊びまわる

園児の姿を観るのが楽しみであった。

 

来年こそはきっと、今までと同じように、元気に声高に遊びまわる園児の姿を観ることが

できるだろう!